食事

疲れに効果的

飲み物

エナジードリンクの需要

最近はサービス残業や時間外労働などが増え、人間関係のもつれなど様々なストレスと戦っている方が増えています。疲労が溜まりすぎてだるかったり、シャキッとしなかったりする日々も少なくありません。そんなエネルギー切れの人の強い味方となってくれるのがエナジードリンクです。エナジードリンクは昔からありましたが、風邪をひいたら飲むなど特別な理由がないとなかなか購入しないものでした。しかし眠気覚ましや滋養強壮など様々な目的に合わせたエナジードリンクが増えてきて、飲む頻度も多くなってきました。最近ではジュース感覚で飲めるものまで発売されています。多くのエナジードリンクは20代から50代の男性をターゲットとして作られていましたが、女性をターゲットにした商品も増えています。

費用と飲むときの注意事項

エナジードリンクは2百円から高いものは5千円程度のものまで幅広い値段で売られています。飲む頻度が高い人はジュース感覚で飲めるものを選んでいる方が多いのですが、飲み方には注意が必要です。最も注意が必要なのは糖分です。糖質を占める割合が普通のジュースよりも多い商品まであります。糖分の摂りすぎは中毒化したり、乳酸が溜まったりして疲労を感じやすくなってしまいます。ひどくなると糖尿病の危険も高まります。また、海外でもエナジードリンクを一日3,4本飲んで亡くなったというニュースを聞きます。海外製のものだと日本人の体に負担になってしまうことがあります。飲みすぎには注意し、疲労が溜まったらエナジードリンクに頼りすぎず仮眠や休息をこまめに取ることを優先させることで安心して飲むことが出来ます。

Copyright© 2016 小雀弥の料理を手軽に食べたい|パクっと味わい尽くそう All Rights Reserved.