食事

チーズを贈る

乳製品

彼女はチーズが好きではないようだ

私はとてもチーズが好きで、昔から数多くのものを食べてきた。どんなものでもすきなのだけれども、特にクセのある濃いものが好きだ。どんなものでもいえることではあるが、慣れてくると個性の強いものが好まれる傾向にあると思う。私もそんな中の一人で、個性の強いチーズばかりを食べていると隣にいる妻がいつも嫌な顔をする。妻はニオイのするものがとても嫌いで、納豆などもあまり好きではない。ニオイの強いものほど美味しいと思う私とはこの点では正反対だと思う。個人の自由なので好きではないのはしょうがないと思うが、いわゆる食べず嫌いで美味しいものを食べられないというのはとても残念な事だと思う。そこで妻にギフトとして、食べやすいチーズを通販で購入して送ろうとした。

初心者向けへのものを贈った

何を送ろうか真剣に悩んだのだが、やはり妻はチーズ初心者とのことで食べやすいものをギフトとして贈る事にした。カンタルチーズというのだが、これはチーズの始祖とも呼ばれる存在でチーズの基本の中の基本というべきものだ。これは非常にシンプルな作り方をしているもので、牛乳に酵素を加え固めて加圧しただけで出来上がる。その後、塩を加えて成型するのだけれどもこれだけの工程にもかかわらずにしっかりとした旨みがある。クセがなくて食べやすいので妻にも気に入ってもらえると思ったのだ。このチーズは素材が命といえる。 妻にこれをギフトとして贈ったが、とても喜ばれた。お世辞かもしれなかったが、そうではないと表情が物語っていた。ギフトの選択肢は無限にあるものだが、自分の好きなものを贈るのもいいものだとおもった。

Copyright© 2016 小雀弥の料理を手軽に食べたい|パクっと味わい尽くそう All Rights Reserved.